事業主の方必見ビジネスローン活用術

ビジネスローンを使用するメリットとデメリットを正しく理解しましょう

ビジネスローン

自分でビジネスを行う場合、最も重要となるのがビジネスを円滑に行うための資金繰りでしょう。この資金繰りが上手くできない場合、まずビジネスが成功することはありませんし、会社自体を存続し続けることすらままならなくなります。しかし銀行などに資金を借りる場合には非常に厳しい審査や現在の経営状況などが複雑に絡んできますし、会社を興して年数が浅い場合は信用もさほど無いためまず資金を貸してもらえないことが多いでしょう。さらには保証人が必要となることがほとんどですのでなかなか簡単には資金を借りることも出来ない、自分では問題ないと思っていても審査によっては資金を貸してもらえないと言うことも十分に考えられます。そんな時に使用すると便利なのがビジネスローンと言う存在で、ビジネスローンを上手に活用すれば厳しかった資金繰りなども円滑に行え、会社を軌道に乗せることも可能となるでしょう。

ビジネスローンを使用するメリットとは?

会社の資金繰りを考えた場合、ビジネスローンと言う選択肢は非常に利便性が高く、歯科も借りるまでの時間も速いため非常に便利に資金を用意することが可能になります。一般的にビジネスローンを展開しているのは消費者金融や信販系の貸金業者が多く、わかりやすく例えるなら企業向けのカードローンといった存在だと言えます。このビジネスローンを利用するメリットと言えるのが一般的なカードローン同様に即日審査・即日融資が可能になること、審査を通過する確率が銀行などで資金を借りるよりも通りやすい、無担保でお金を借りることが出来る、借りる際の借り方が様々な方法で行えるといったことが挙げられます。まず即日審査・即日融資に関しては、個人用のカードローン同様に非常に審査スピードが速いため申し込みを行えばその日のうちにお金を準備するこ都が可能になります。この即日審査や即日融資は、銀行などで資金を借りる際にはまずありえない速さですので、非常に利便性が高い上に必要な時にすぐお金を用意できると言ったスピーディな対応が可能になります。

審査について

審査が通過しやすいことに関しては、消費者金融の場合は決められた審査ポイントさえ通過出来れば審査がクリアできる場合がほとんどのため、会社を興してから数年といった事業経験が浅い場合でもそれ自体が問題となることが少ないためです。要は収入があり、返済に問題が生じなければ審査を通過することが出来ます。その為負銀行では融資がダメだった場合でも、ビジネスローンであれば問題なく利用できる可能性が高くなります。無担保・保証人なしで借りられる点もビジネスローンならではのメリットと言え、ビジネスローンを展開している貸金業者が提携している保証会社の利用に問題が無ければ、無担保・保証人なしでお金を借りることが出来ます。担保が必要な場合や保証人が必要な場合は、それだけ借りるハードルが高くなりますので、それを考えた場合にはビジネスローンはとても借りやすいローンだと言えるでしょう。

利用しやすい

借りる際にも通常のカードローン同様にATM利用での融資も可能ですし、口座への振り込みでの融資も可能と借りる方法が選べるのも便利です。さらに限度額内であれば繰り返し資金を借りることが出来るため、その点においても利便性が高いと言えます。個人のカードローンの場合は貸金業法による総量規制がありますが、ビジネスローンの場合はこの総量規制の対象外となるローンですので、総量規制を気にすることなく資金を借りれることも事業を行う上では非常に助かるポイントと言えます。

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローン返済

非常に利便性が高く使いやすいビジネスローンですが、メリットだけではなくデメリットももちろんあります。まず一つ目は利用する際の金利が高いと言う点で、基本的に貸金業法下での利用となるため、極端に高すぎるということはありませんがほとんどのビジネスローンでは上限金利が18%程度に設定されているため、どうしても資金を借りた際の利息の支払いが多くなります。この点は銀行などで事業資金を借りることを考えるとどうしてもデメリットとなる部分です。返済が長引けばそれだけ利息も増えますし、返済して限度額に余裕が出来たからと長期にわたり繰り返し使用し続けた場合、気が付かない間に相当額の利息を支払っていたと言うことも考えられます。それと借りることが出来る金額も300万円程度と少ないため、その点も資金として考えた場合には多少不満に思うこともあるでしょう。その為一時的な資金繰りの為の費用としては非常に優秀ですが、多額の資金を必要とすると言った場合にはビジネスローンでは対応しきれないことも考えられます。その為ビジネスローンのメリットとデメリットを正確に理解し、どういった場合であれば最も効果的に使用出来るのかを考えて使用しないと、ビジネスローンが逆に経営を圧迫することになる場合もあるので使い方には十分注意をしましょう。


更新履歴